FC2ブログ
2020 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2020 09

新食感!【雪の結晶】

シチリアのお菓子と言えば、アーモンドを使用したお菓子がたーっくさん!


シチリアへ行くまでの私の中でのアーモンドのイメージと言えば、カリッと香ばしいローストアーモンド。

アメリカの国旗&アーモンドの絵の紙で包まれたチロルチョコ、が一番先に頭に浮かびます…。


シチリアへ来てみてビックリ!

今まで食べていたアーモンドと全然違うんです!!!

味も、香りも、使われ方も!


杏仁のような風味をしています☆

アーモンド味のジェラートを食べてビックリ。杏仁豆腐のような味をしていました。ビターアーモンドの香り。
最初は、違和感があり、それまでのイメージの香ばしいアーモンド味が好きでしたが、シチリアでアーモンドのものを食べるに連れどんどんどんどんこのアーモンドの味が大好きになりました。


シチリアで色々なアーモンド菓子を食べましたが、その中でも【フィオッコ ディ ネーヴェ】と言うお菓子が私は大好きです☆

意味は【雪の結晶】です☆かわいいでしょ~☆

それを!作りました!!!


イタリア全土でアーモンドはとれるそうですが、特にシチリア島、その中でも特にルーチョの街があるラグーサを含む丘陵地「ヴァル ディ ノート」と呼ばれる一帯は、上質なアーモンドの産地です。

こちらは、「ピッツータ」と言う種類のアーモンド。

形は、私たちが普段良く見るアーモンドよりも平べったく丸い雫形をしています。

fiocco1.jpg


お湯でさっと茹でます。

fiocco2.jpg

皮を剥きやすくするためです。

fiocco3.jpg

一粒一粒皮を剥きます。

ぷちっぷちっと。

fiocco4.jpg

ツルッと剥けますが、根気のいる作業です。大量なので。

でも、皮付きのままだと渋みがのこり、食べた後皮が口に残るので、美味しい白い雪の結晶を作るには否めません…。

fiocco7.jpg

ルーチョが黙々とこの作業をしてくれます。この作業が重要なんです。

「はい、お願い!」とルーチョの前に皮付きアーモンドを持って行くと、

「Noooooo!またアーモンド…」と言いながらも、結局はしてくれます(笑)


皮剥きしたきれいな白いアーモンドを次はフードプロセッサーにかけます。

自家製のアーモンドプードルを作るのです。

fiocco6.jpg

市販のアーモンドプードルよりも荒いアーモンドプードル。

その荒さも美味しさの秘訣☆

fiocco5.jpg

シチリアの蜂蜜を入れて生地を作り、成形し、オーブンへ。

成形する時は、たっぷりの粉糖の上でします。雪の結晶のようになるように。

fiocco8.jpg


焼けた!

おー!かわいい!!!一から作ってできたふわっふわな白い姿に愛情が湧いてしまいます(笑)

fiocco9.jpg

これは美味しい!!!

fiocco10.jpg

しっかりアーモンドの風味がしていて、荒めのアーモンドの食感も良い☆

外側がサク。中は、ふわっとしっとりの新食感♪

ほんまに【雪の結晶】と言う名前がピッタリなお菓子です☆

見た目クッキーのようにも見えますが、小麦粉は一切入ってなく、ほぼほぼアーモンドです。



こちらはピスタチオバージョン。

上は、アーモンド100%に対して、こちらはピスタチオとアーモンド1対1です。

fiocco11.jpg

この段階で食べたくなるのは私だけでしょうか!?

fiocco12.jpg

上にピスタチオの乗せて焼きました。

fiocco14.jpg

シチリア産ブロンテのピスタチオ、きれいな色をしています。

fiocco15.jpg

口に入れた瞬間フワッと香るアーモンドに対して、ピスタチオの方は「おー!」と声が出るほどピスタチオの味がドーン!とします☆


このお菓子は、私がシチリアへ行った際、日本の家族にお土産に買って帰るお菓子です。

ルーチョおすすめのラグーサにある小さな小さなバールに、出発前日に予約注文して作ってもらうんです。

たくさん美味しいバールやお菓子屋さんがラグーサにはあるけど、この【フィオッコ ディ ネーヴェ】は、絶対!ここのバールと決まってるみたいです。


自分で作って、美味しくできて、食べ放題なのがめっちゃ嬉しいです♪

が、ここのバールのものをもう一度食べて比べてみたいです。どこが違うのか。。。

これは送ってもらえないので、ラグーサに行くまでお預けですが…。



最近、ピーターパンのお客様にお出ししています☆

シチリアアーモンドを使って作った【雪の結晶】はなかなか食べられないですよ~!

食後にデザートワインのモスカートなんかと一緒に召し上がっていただくと尚美味しいです☆

ぜひ、食べにいらしてください♪


いつも読んでいただきありがとうございます。
下の「いいね!」ボタンのクリックお願いします☆
スポンサーサイト



.28 2012 料理 comment4 trackback(-)

comment

はるみ
こんにちは。そうだったのですか。このお菓子、そんなに手間暇かかってたのですね(>_<)って言うか、ピーターパンのお料理は
全て手間暇かかってて、脱帽しっぱなしですが。とーってもとーっても美味しかったです。たくさん下さってたので、顔馴染みのお客さまにお出ししたら、皆美味しいって感激してましたよ。
いつもいつも美味しい物をありがとうございます(^_^)/
2012.11.28 17:52
Arisuzza
はるみさんv-22

こんばんは~v-354
嬉しーーーっv-364v-411美味しいと言ってもらえてv-344
だから、手間暇かけてもやる気が出ますv-217
作業し始めて、あ…これするんちゃうかった…と思うこと良くありますが、美味しかった!って言葉聞いたら、また作ってしまいますv-398
褒められると頑張るタイプですv-398
また何か作ったら食べて下さいね~v-392v-345
2012.11.30 08:50
さよ
送ってー!!食べたいー!!
2012.12.01 11:51
Arisuzza
さよv-22

しょうがないなv-222送ったるわv-344美味しかったやろ~v-362v-415
アーモンドの皮を剥いてくれるルーチョにもお礼言っといてなv-398
フィオッコディネーヴェ毎日摘むくせがついてしもたーv-388やばいやばいv-404
さよがそうならんように少しだけ送るわv-389
2012.12.03 12:18

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Arisuzza

Author:Arisuzza
1985年、大阪府豊中市出身。三姉妹の次女。
1995年、大阪から蒜山へ家族で移住。両親が蒜山ログの宿『ピーターパン』を始める。
高校ニ年生で、一年間、イタリアのシチリア島へホームステイをしながらの高校留学。滞在先のシチリアが大好きになる★
出身地である豊中のイタリアンレストラン、シチリアラグーサのレストランで料理修行。
2011年、シチリアで出会ったルーチョと結婚。
両親から『ピーターパン』を引継ぎ、私たち夫婦での経営スタート。
そして、めっちゃ元気な男の子、奏志郎ヴィートを出産。マンマになる。
毎日、ピーターパンの仕事と子育てで多忙ですが充実しています☆
趣味は、海外旅行、料理、食べること、パーティー、息子と遊ぶ。♬ღღღ(♡´∀`)

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索