FC2ブログ
2020 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2020 09

ブーファラづくし!!!

シチリア滞在中のある夜、ルーチョが「いいとこ連れて行ってあげる~どこでしょう??」と。。。

車をちょっと走らせて到着したとこは、周りになんにもない田舎。

車を降りると「おいで!」と言うので、行くと…


牛がおる!

しかも黒い牛!

bufala3.jpg

黒くて長い角が生えてるん牛なんで、「えー!?何この牛!?」って私がちょっとびびってると、

ルーチョその黒い牛に藁やり出したやん!

bufala1.jpg

え!?さっき言ってたいいとこってここ!?!?

それもこんな暗くなりかけてる夜9時頃に牛!?


この牛、小柄でかわいい蒜山のジャージー牛とは違い、威圧感と貫禄のある牛。。。

「ブーファラ!?!?」と聞くと、正解でした☆

「ブーファラ」は、「水牛」です!

bufala2.jpg

でも、ちょっと見てたらちょっとだけかわいく思えてきたかな!?


で、ルーチョの言っていた「いいとこ」とはここにあるレストランでした~☆

ルーチョ、知らん間にバッチリ予約しててくれたみたいです。


ここは、自分達で育てた水牛の乳を使った自家製のチーズやお肉、自家製のワインを出すアグリツーリズモと言うところです。

ここでは水牛ですが、水牛に限らず、粉、果物、野菜、ワインの葡萄など…全て一から育てたものを使ったお料理を提供するところがアグリツーリズモです。レストランもあれば、宿泊可能なところもあります。

このアグリツーリズモのいうもの、イタリア全土にたっくさんあります☆

イタリア旅行の際には要チェック!


このアグリツーリズモで、ブーファラのコース料理をいただきました~!

ここの赤ワインで乾杯して、

前菜で出てきたのは、チェリートマトのサラダ、オリーブ。

bufala5.jpg


プロシュット クルード。生ハム。

bufala6.jpg


パン。水牛のセミハードチーズ☆

bufala4.jpg

「ぜーーーーーーーんぶおかわり自由だよ!」とルーチョ。

「ほんま!?すごいな!」と嬉しかったけど…

最初に出てくる量が半端ない!

おかわりどころか、こんな食べられへんし!というくらい多いのでイタリアの「おかわり自由」はどーでもいいです。。。


このモッツァレッラ!!!

bufala7.jpg

出てきたときには、笑えたよ!

この大きさで、ゴロッとまんま出てくるから!


モッツァレッラ ディ ブーファラ~!!!水牛のモッツァレラ~!!!

bufala8.jpg

モッツァレラチーズは本来は水牛の乳から作られていましたが、水牛は普通の牛と比べて飼育が難しく、出る乳の量も少ないので、牛乳から作られるモッツァレラもたくさん出回っています。

値段も、水牛のモッツァレラの方がだいぶ高いです。

そんな、貴重な水牛のモッツァレラをこんなに、それも欲しければおかわりもできるというなんと贅沢な☆

ミルキーで美味しかったのですが…ちょっと想像してたんと食感が違う。。。

これは、本場ナポリへ一度は食べに行ってみないと!!!


もうこの丸々モッツァレラを食べ終わった後は、お腹ぱんっぱん!

それでも、ここはイタリア。容赦なく次が。。。品数と言うより、量が日本の2倍以上。。。

水牛のモッツァレラのピッツァマルゲリータ☆
     と
水牛のモッツァレラフライ☆

bufala9.jpg

そして、水牛のステーキ☆
      と
水牛のスネ肉のトマト煮込み☆

bufala10.jpg

「水牛食べんの初めて!!!」それこそ貴重☆

おいしかったけど、もうちょい焼き加減が手前ならな。。。

スネ肉は柔らかくてブォーノ!


デザートは、今年一番に食べるスイカ。

bufala11.jpg

うん。見た目の通り、ほとんど味がないけど、喉には美味しい。


水牛のリコッタチーズのカンノーリ☆

bufala12.jpg

「カンノーリ」はシチリアのお菓子の代表格とも言えるお菓子です!

筒型の生地を油で揚げたものに、甘いリコッタチーズを筒の空洞へ入れたお菓子です☆

外は黒糖のじゃないかりんとうみたいな感じのもので、カリッとしていて、中のリコッタはクリーミーで甘いクリーム。

この食感のせいか、想像以上にパクッと食べれてしまいます。

シチリア旅行の際は、「カンノーリ」も要チェック!


あ~苦しいけど満足♪

アグリツーリズモっぽいシンプルさもなんかよかったな~☆

レストラン内にBGMが一切流れてなかったのとか。

ここまで飾り付けしないで出てくる料理とか。。。


スポンサーサイト



.11 2010 シチリア旅行2010 comment2 trackback(-)

comment

nono
美味しそうなものばかりで、よだれが出そう。

前のアリサさんのブログを検索して探し出し、家庭菜園で取れたミニトマト3種類で午来トマトに挑戦しました。
電子レンジと一緒になったオーブンだったからでしょうか、110度2時間ではだめで3時間でもだめで、最後はレンジに3分かけては冷ましを5回繰り返して何とか完成しました。
タマネギ、ケイパーミント、ワインビネガー・オリーブオイルを適当な分量でやってみました。美味しかったのですがあれでよかったのかどうか?
2010.07.12 10:39
Arisuzza
nonoさんv-22

お久しぶりですv-410

嬉しいv-364
私の載せたレシピを早速挑戦してもらえるなんて~v-405
お料理、お好きなんですね~v-392

かなりの時間がかかったようですねv-356
大変だったでしょうv-399
「レンジに3分かけては冷ましを5回繰り返して」も…。
3分ずつだと、他のことをしててもすぐ手が取られてしまいますよねv-403

おいしかったらOKです!v-426
料理の味付けは、自分が「美味しい」と思えればいいと思いますv-398

今日、私は焼きあがったピザの上に、あのドライトマトを乗せて食べましたv-391
美味しかったですv-344
2010.07.13 02:08

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Arisuzza

Author:Arisuzza
1985年、大阪府豊中市出身。三姉妹の次女。
1995年、大阪から蒜山へ家族で移住。両親が蒜山ログの宿『ピーターパン』を始める。
高校ニ年生で、一年間、イタリアのシチリア島へホームステイをしながらの高校留学。滞在先のシチリアが大好きになる★
出身地である豊中のイタリアンレストラン、シチリアラグーサのレストランで料理修行。
2011年、シチリアで出会ったルーチョと結婚。
両親から『ピーターパン』を引継ぎ、私たち夫婦での経営スタート。
そして、めっちゃ元気な男の子、奏志郎ヴィートを出産。マンマになる。
毎日、ピーターパンの仕事と子育てで多忙ですが充実しています☆
趣味は、海外旅行、料理、食べること、パーティー、息子と遊ぶ。♬ღღღ(♡´∀`)

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索