FC2ブログ
2020 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2020 09

蒜山からも近いです!湯原温泉★

今回は、『湯原温泉』のご紹介です★

蒜山から湯原までは、高速道路を使うと約25分で到着です!一般道路で行っても約35分で到着です☆(○´3`)ノ

結構近くて、あっと言う間に着いてしまいますよ!


下の写真をよーく見ると奥に高くそびえ立っているのが、湯原ダムです。

湯原ダムの下流、旭川沿いに温泉街が広がっています。

omotenashi17.jpg


こちらが湯原温泉を代表する名所で湯原ダムの下にある巨大な共同露天風呂『砂噴き湯:砂湯』です!(*ゝω・)ノ

omotenashi19.jpg

ちょっと珍しい!?!?

砂湯は、「混浴」!「無料」!「24時間入浴可」!です!(゜0゜*)!!!

湯街を流れる旭川の河川域に3つの河川公園駐車場があり、短時間なら無料で駐車できます。


3種類の露天風呂があります♪

各々、「美人の湯」「子宝の湯」「長寿の湯」と名付けられています。

omotenashi18.jpg

「近い」「無料」「24時間入浴可」ということで、蒜山の私の友達や知り合いも結構みんなよく通っているようです☆(゜∀゜)


ルーチョ&マーロンは2人とも大の温泉好きへと変わり、バスケの後2人で砂湯に入って、バスケの疲れを取って、おしゃべりして、温泉ライフ満喫しています(●^艸^○)

イタリア人とジャマイカ人が2人で温泉入ってるのちょっと笑える(*o>∀)o

そして、日本人として、2人がこんなにも温泉好きなことに嬉しく思えます♪(´∀`人)

前に皆生温泉に行った時はこの2人に、私たち、待ち合わせ時間よりを20~30分も待たせられたんですΣ(´Д`lll)

大体女性陣の方がお風呂って長いので、なかなか出てこなくてトラブルでもあったんかとちょっと心配したよ…(゜Д・∥)!?


それくらい好きみたい(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)



話は湯原温泉に戻ります(*^。^*)

ここ砂湯は、開放感がすごい!( ̄◇ ̄ノ)ノ

周りに塀が無くて、自然に囲まれています☆

のきれいな夜は、を見ながらの温泉です☆☆☆


脱衣場もあるので、女性の方もご安心ください。
女性の方はバスタオルを巻いて入ってます。



砂湯は、湯原の住民の方々が管理し運営して下さっているそうです☆(*'ー'*)

ありがたい☆

『露天風呂「砂湯:砂噴き湯」入浴指南』を守って気持ちよく入浴しましょ(*ゝω・)ノ

湯原温泉のガイドさんがこう言われていました。
    

「心 得」


1★下を清めよ。
  お尻を洗って入る事。前じゃなく後ろです。

2★湯尻より入り上より出よ。
  お湯が捨てられている下流側から入り身を清めながら上流に移動
  する。そうすれば最上流では顔も洗えるし飲む事すら出来る。

3★静か浴し拝め。
  お湯を濁さない様にそして安らぐ人の邪魔をしない為に。
  そして先人と管理してくれている人々に感謝する。
  また療養の人は、完治を祈り健康なればその身に感謝する。

4★場を清めよ。
  ゴミは持ち込まない。持参物は持ち去る。


「法 度」

1★飲食を禁ずる

2★水着を禁じる

3★無理を禁ず

4★盗人を許さず

5★全て自己管理する




砂湯より徒歩5分ほどのところに、『湯原温泉ミュージアム』があります☆(。・∀・)

omotenashi21.jpg

館内では、温泉スリッパ卓球場、湯原温泉の民話や歴史の展示、旅行作家野口冬人氏から寄贈された温泉に関係する書籍約1万冊の資料室と、野口氏の部屋を再現したスペース、温泉指南役による温泉道場を聞けるコーナーなどがあり、湯原温泉についてはもちろん、温泉についての知識を十分に学べそうです☆(ゝω・`o)

1階にはガラス工房があり、とんぼ玉やステンドグラス作りの体験ができます☆

ミュージアム外入り口付近、ここでちょっとほっこり♪『足湯』があります☆゜.+.(♥´ω`♥)゜+.゜

omotenashi20.jpg


蒜山から湯原まで、車であっと言う間に着いちゃいますっ!(ゝω・♥)

こんな感じで、蒜山高原からちょっと車を走らせて行ける、魅力的な見所は他にもあります☆

これからちょっとずつ紹介していきます♪

蒜山を拠点に、未開拓な見所に足を延ばすのも楽しいかと思います♪♪♪゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚


スポンサーサイト



.09 2010 蒜山からちょっとおでかけ comment2 trackback(-)

comment

maki64
今日の湯原ですね。
雪の温泉はとても風情があっていいです。

入られましたか?昼間に堂々と女性が入るのもまたいいもんです。(おー。度胸あるな!v-10とか思います。)

立て続けにコメントさせていただきましたが、私も暇だったらあちこち覗くんですけど、忙しくなるとバッタリ。

なので、定期的にコメントは書かないと思いますが、お気に入りに登録してますんで、コメントがなくても見てますから。(^^ゞ

早速言い訳がましいですけど。

ちなみに私も勝高卒(s58)です。蒜山では以前よく、ミニゴルフ(今は無くなりましたが)や、上蒜山スキー場によく行ってました。
私のHPみたらわかると思うんですが、スノボは毎週通ってました。そして、リフトの更に上の山の頂上辺りまで雪をかきわけ登山して滑ってましたよ。
2010.03.09 16:22
Arisuzza
maki64さんv-22

これは2月に行ったときの写真ですv-356
ちょうど昨日の様な天気ですねv-391

この時は、真庭で旅館業や飲食業を経営している人が真庭をもっとよく知るためのツアーだったので、温泉には入っていませんv-410
湯原や勝山は、前からたまに行くので知ってるかと思ってましたが、ガイドさんの話などを聞いていると、この辺りもまだ深めれるなと思いましたv-392

私も温泉が好きで蒜山と蒜山周辺の温泉にしょっちゅう行っていますv-398
湯原の温泉も砂湯だけでなく、気分によって他の温泉にも行っていますv-48v-48v-48
雪の温泉最高ですv-276思いがけない雪が降ったので、また雪見露天が楽しめますねv-389

maki64さんは、蒜山にスポーツしに来られるんですねv-281
春になったら、私も蒜山でスポーツしようと、春を待っていますv-252

私のブログをお気に入りに登録、ありがとうございますv-410
これからよろしくお願いしますv-354
2010.03.10 10:43

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Arisuzza

Author:Arisuzza
1985年、大阪府豊中市出身。三姉妹の次女。
1995年、大阪から蒜山へ家族で移住。両親が蒜山ログの宿『ピーターパン』を始める。
高校ニ年生で、一年間、イタリアのシチリア島へホームステイをしながらの高校留学。滞在先のシチリアが大好きになる★
出身地である豊中のイタリアンレストラン、シチリアラグーサのレストランで料理修行。
2011年、シチリアで出会ったルーチョと結婚。
両親から『ピーターパン』を引継ぎ、私たち夫婦での経営スタート。
そして、めっちゃ元気な男の子、奏志郎ヴィートを出産。マンマになる。
毎日、ピーターパンの仕事と子育てで多忙ですが充実しています☆
趣味は、海外旅行、料理、食べること、パーティー、息子と遊ぶ。♬ღღღ(♡´∀`)

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索