FC2ブログ
2012 06 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2012 08

忘れられない青…

ファヴィニャーナ島へ来たら絶対にしてほしいのがこれ!!!

fa9.jpg


小さな船で洞窟巡りツアー☆

fa8.jpg


四人乗れるかな?と言うくらいの小さいボートを出してツアーに連れて行ってくれたおじいさん☆

島の港に行き、ツアーに行きたい。と言えば、すぐガイドさんが見つかりますよ☆

料金は確か二人で50ユーロでした。かな?

廻る洞窟の数や時間にもよりますが。

fa7.jpg

出発してからずっと「マンマミーア!」の連発!

信じられないくらい海が青いんです!トルコブルー☆

fa17.jpg


いっぱいこんな鳥にも出会えます☆

fa12.jpg


10分くらい景色やおじいさんの話を楽しんでいると、洞窟へ到着!

fa11.jpg

カプリ島の青の洞窟は、天候などによって、入れるとき入れないときがあるのは有名ですね。
入れるときは、みんな船で寝そべった状態でなるべく低くなりベストタイミングで入るみたいですね。

この洞窟も同じく、座高をなるべく低くして入ります!

fa10.jpg


入ると中はこんなん~!!!

fa13.jpg


何度撮っても船のモーターの振動でブレてブレて…一枚もはっきりした写真が撮れなかったですが、きれいなのはわかりますよね!?

この青!

fa15.jpg


神秘的やわ~!

fa14.jpg

なんと、ここで泳いでもいいんです!

もちろんもちろん!潜りました!泳ぎました!

だって、この時、2回目のファヴィニャーナ島訪問だったのですが、1回目にこの青い中で泳がなかったことにずっと後悔して…それで絶対また来よう!とずっと思ってたのでした。。。

かなり水温が冷たくって、深かったです。

でも、潜ってもめっちゃ青でおもしろかった!!!


他にもあと2ヵ所やったかな?洞窟があって、それぞれエメラルドグリーンやったり、パープルのところもあった!不思議でしょうがなかった!

カプリの青の洞窟は私は行ったことないのですが、結構行ける確率も低く、お金もかかるみたいで、時間もちょっととよく聞きます。
有名ではないけれど、ファヴィニャーナ島の洞窟ツアーはもしかしたらもっといいかも!思い切り満喫できます☆
ほんとおすすめ!!!







スポンサーサイト



.13 2012 シチリア旅行2010 comment0 trackback(-)

境港直送本マグロでシチリア料理!

今朝、境港より本マグロの塊到着!!!

今日はこの新鮮本マグロを使ったメインです!!!


みなさんご存知ですか!?

シチリア島はマグロの島ってことを!


シチリア島は美味しいマグロがとれ、色々なマグロ料理があるんですよ☆

この時期のシチリアでは、贅沢にマグロを使ったお料理がたくさんです!


刺身やお寿司以外でマグロを食べることって普段あまりないないのではないでしょうか!?

ピーターパンでは、マグロのシチリア料理を、境港でとれた本マグロを贅沢に使ってお客様にご馳走いたします!

美味しいマグロが手に入るこの時期限定です!(お魚ですので、入荷状況色々です。)


蒜山から境港は、車で一時間弱なんですよ~!
すぐ近くで日本海の美味しい海の幸がとれるんです☆
山の蒜山ですが、地元のスーパーでお魚を頼むと活きのいい魚のカルパッチョや切り身を用意して届けてもらえ、それをピーターパンでは夕食にお客さまに調理しお出ししています☆だから海の幸も美味しいです☆


写真は、シチリアドンナフガータのメルカートディペッシェ(魚市場)のマグロ解体ショーです!

tunnu1.jpg

tunnu2.jpg



.13 2012 料理 comment0 trackback(-)
 HOME 

プロフィール

Arisuzza

Author:Arisuzza
1985年、大阪府豊中市出身。三姉妹の次女。
1995年、大阪から蒜山へ家族で移住。両親が蒜山ログの宿『ピーターパン』を始める。
高校ニ年生で、一年間、イタリアのシチリア島へホームステイをしながらの高校留学。滞在先のシチリアが大好きになる★
出身地である豊中のイタリアンレストラン、シチリアラグーサのレストランで料理修行。
2011年、シチリアで出会ったルーチョと結婚。
両親から『ピーターパン』を引継ぎ、私たち夫婦での経営スタート。
そして、めっちゃ元気な男の子、奏志郎ヴィートを出産。マンマになる。
毎日、ピーターパンの仕事と子育てで多忙ですが充実しています☆
趣味は、海外旅行、料理、食べること、パーティー、息子と遊ぶ。♬ღღღ(♡´∀`)

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索