FC2ブログ
2011 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2011 12

シチリア名物ドルチェ【リコッタチーズのカンノーロ】

最近、ピーターパンの食後のデザートでお出ししているカンノーロのご紹介☆


蒜山にリコッタチーズのお店が新しくオープンしました!「il ricottaro」と言うお店☆

蒜山ジャージーの乳や、オーナー自ら飼っている羊や山羊の乳を使った自家製リコッタ。は、クリーミーだけどしつこくなくって、ふわふわしていて、淡白で…とっても美味しいチーズです。

これがそのリコッタチーズ☆

connolo1.jpg

リコッタチーズはまだ日本では珍しく、あまり見かけることがありません。

リコッタチーズの発祥地は、南イタリア!
ルーチョの故郷である南イタリアシチリア島は、実はお菓子の宝庫☆
そんなシチリア島にはリコッタチーズを使ったお菓子が何種類も何種類もあるのです!

その中でも代表的なシチリア菓子が、「カンノーロ」です。
カンノーロは、サクッと揚げた筒状の生地に、蜂蜜などで味付けしたリコッタクリームを詰め、仕上でにピスタチオあるいはチョコレートをかけたお菓子です。

canna3.jpg

聞いただけでは、揚げた生地にチーズって…ちょっと重たそうな感じがするかもしれませんが、ぜーんぜんっ!!!ペロリと食べれてしまうんです!

リコッタチーズは、チーズの中でも脂肪分の少ないチーズでクリーミーなのにあっさりとしていて、イタリアではダイエットの時に食べられているチーズでもあります。

でも、ま、ドルチェ(お菓子)はドルチェなんで…いくらリコッタでもダイエットには向きませんが。。。

canna2.jpg

蒜山産のフレッシュな手作りリコッタチーズを使って、シチリア島出身ルーチョが作る、本場の味!カンノーロ、おススメです!

お客様に大好評です♪

今まで、シチリアのようにフレッシュで美味しいリコッタチーズが手に入らなかったので、蒜山でシチリアのカンノーロを再現でき食べれるなんて!と、私とルーチョが一番喜んでいます(笑)

※リコッタチーズは手作りの生ものですので、生産などの状況により(季節や、とれる乳の量など色々関係しているみたいです)手に入らない場合がありますので、「絶対カンノーロが食べたい!」と言うお客様は、事前におたずね下さいね。




スポンサーサイト



.30 2011 料理 comment0 trackback(-)

グリーントマトのオイル漬け

蒜山インターすぐ近くの、道の駅「風の家」の野菜市場で緑色のトマトを見つけました!

pom5.jpg

毎年、この時期になると出てくるんです。グリーントマト。

シチリアのラグーサのレシピ本に載ってた「グリーントマトのオイル漬け」、ずっとやってみたいなと思ってたので、早速挑戦☆


まず、グリーントマトを洗って、適当に切ります。


緑色で一見全然美味しそうに見えないトマト。

なのにビックリ!!!めっちゃ美味しい!!!トマトの味濃いやん!!!

緑緑したのはさすがに生で食べるにはあんまりけど、ちょっと赤くなったのは、私的にはめっちゃ好き。


レシピに戻ります。白ワインビネガーと塩と水に漬けます。

pomv2.jpg

ピーターパンでいつも使っているシチリアトラパニ産の自然海塩を使用。

白ワインビネガーと水は、1対1です。

塩は、ビネガーと水に対して1%くらい。

こんなかんじ~。

pomv3.jpg

この状態で、24時間置きます。


24時間後、水分を除きます。

ここでトマトを食べると、しょっぱく酸っぱくビックリします!

にんにく、ペペロンチーノ、ローリエと一緒に、ガラス瓶に詰めます。

いっぱい入ったら、トマトが隠れるまでたっぷりのオリーブオイルを注ぎます。

これで、完了!

pomv1.jpg

シチリアの保存食です。


保存食なので、これ単体で食べると塩分も酸味もちょっときついです。

だから、サラダで食べたり、パンに乗せて食べたり。

pomv4.jpg

美味しい!

ルーチョから、「ブオ~ノ~!イタリアの味~!」と褒め言葉もらった☆

保存食ですが、すぐに無くなりそうです。。。


超簡単なのでぜひお試し下さい☆


.23 2011 料理 comment0 trackback(-)

カフェオレボウルでどうぞ♪【イタリアンエスプレッソ】×【蒜山ジャージー牛乳】

蒜山ログの宿「ピーターパン」では、今年の秋から、朝食に、シチリアの手描き陶器のカフェオレボウルに入れて「蒜山ジャージー牛乳のカフェラッテ」をお出ししています!

cafe2.jpg

「カフェラッテ」は、イタリア語で、「カッフェ」がコーヒー、「ラッテ」が乳です。


「カッフェ」は、イタリア式に「エスプレッソ」を入れています☆

これが、「エスプレッソマシーン」。

イタリアの家庭には、必ず一つはある家庭用のエスプレッソマシーンです。

サイズも色々あって、こちらは一気に6人分入れられます。

cafe4.jpg


「ラッテ」は、もちろん地元蒜山のジャージー牛乳です!

最近は、ホットを希望されるお客様がほとんどで、ジャージー牛乳を温めて専用のホイッパーで泡立てています。
脂肪分の多いジャージー牛乳は、極めの細かいクリーミーな泡が立ちます。
泡があると、カフェラッテが冷めにくいんです。

仕上げにカカオをかけて♪どうぞ♪

cafe3.jpg

カフェオレボウルでお出しすると、ビックリされるお客様が多いです。

まず、カフェラッテの量☆
写真では大きさが伝わりにくいですが、小ぶりの丼くらいの大きさのカフェオレボウルにたっぷり入っています。
飲めるかな!?と思う量かもしれませんが、牛乳が泡立っているためで、案外飲めてしまいます☆

次に、どうやって飲むの!?と。
スプーンを使ってでも、パンを浸してもご自由にお飲みください☆お抹茶のようにでも☆
日本でもだいぶ知られてきているカフェオレボウルは、ヨーローッパでは、朝食に朝からたっぷりのカフェラッテや牛乳を飲んだり、クッキーやケーキを浸して食べたり、コーンフレークを食べるのによく使われています。

シチリアで買い付けたカフェオレボウルは色々な模様や色があってお客様に喜んでいただいています☆
その中でも人気なのがこの真っ赤な真っ赤なカフェオレボウルです☆


焼き立て自家製パンとたっぷりのジャージーカフェラッテ。幸せな朝食です♪


.22 2011 料理 comment0 trackback(-)

ナニコレ珍百景★ジャージー大移動!

先日、17日の朝、ジャージー牛の大移動があると聞き見に行ってきましたよ!

ジャージー牛たちは、春~秋は牧草がたっぷりあり広々とした上蒜山に放牧され、冬前、雪の降る蒜山で冬越しするため牛舎へ移動させるそうです。

何年も蒜山にいますが、今までみたことがなく、そんなことをしてると言うことも去年友達のブログを読んでいて知りました。

ブログの写真がおもしろかったので、見たい!と思ってたので、今年はあるのを聞いて嬉しいです♪


おぉ~いたいた!ジャージー牛の群れ!

70頭!

ushi4.jpg

こんなにたくさん集まっているの初めて見ました!

ushi5.jpg

一頭だけ、群れから遠く離れてた。。。

なんなんやろう??

ushi6.jpg

牛の習性とか性格とか全然わからないけど、このジャージーは一頭でいるのが好きな牛なのかな??


見学に来てみたら、なんとテレビ取材があるみたいでした!

みなさんも見たことあるのではないでしょうか!?

テレビ朝日の『ナニコレ珍百景』

東京から撮影に来られていましたよ!

ushioi1.jpg


ヴィート、もしかしたらテレビ初出演!?

ルース、テレビ出演 イン ジャッポーネ!?

ushi7.jpg


おおぉーーーーーっ!!!来た来た来た!!!

確かに、珍百景!

ushioi2.jpg

おもろっ!

ushioi3.jpg

のーんびりイメージの牛が、ほっほほっほ走っているのも珍!

ushi1.jpg

朝からちょっとおもしろいものが見れたわ♪


あとから、テレビ局のスタッフに感想を聞かれたのですが…。

シチリアのルーチョの住んでいるあたりの田舎に行くと、牛が道を歩いてたり、羊や山羊の大群に出会ったりと…時々出くわす光景だったようで…ルーチョには「珍」ではなく、テレビ的に期待のコメントではなかったんじゃないかな。ははっ(笑)


この珍百景が採用されたら、12月に放送されるそうです。
日にちは…わかりません…。


.21 2011 蒜山 comment0 trackback(-)

ひるぜん焼きそば好いとん会B-1優勝っ!!!

うれしーーーーーーーーーーっ!!!
おめでとーーーーーーっ!!!
優勝やーーーーーーーっ!!!

hiruzenyakisoba3.jpg

11月12、13日に姫路で行われた、B級ご当地グルメの祭典『B-1グランプリ』で、去年のシルバーグランプリに続き、今年は【ゴールドグランプリ】に輝いた★ひるぜん焼きそば好いとん会★!!!

1位はすごい!!!一番になるのは難しいのにすごい!

このニュースが流れているのを見ていると、テレビにたくさん私も知ってる蒜山の人の顔が!
お疲れ様です!不思議なかんじ。。。そして、なんかめっちゃ嬉しい。
【蒜山ひるぜん】という名前が、この方たちのお陰で一気に全国に広まりました☆

蒜山在住の私は、いつでも蒜山焼きそばが食べられますが、テレビを見ていて、ひるぜん焼きそば無性に食べたくなるな。


過去ブログのひるぜん焼きそばの写真です。

hiruzenyakisoba6.jpg

hiruzenyakisoba5.jpg

hiruzenyakisoba4.jpg

hiruzenyakisoba1.jpg

b1yakisoba.jpg

みなさんも食べたくなたっでしょ!?

本場、蒜山に食べに来て下さい!!!




.14 2011 蒜山 comment0 trackback(-)

限定一匹!シチリア産ペッシェ

シチリアから届きました☆

イタリア語で魚を「ペッシェ」と言います。

とっても色鮮やかなペッシェ!存在感あります。

pesci.jpg

このペッシェ、ログの壁に飾られています☆


.12 2011 ログの宿 ピーターパン comment0 trackback(-)

Peterpanの自家製パン

うちの自家製パン、ほんとにたくさんのお客様が「美味しい!」って言って下さって、めっちゃめっちゃ嬉しいです♪ありがとうございます☆


16年前に両親が始めたこのピーターパン

母はオープン当初からずっと自家製パンを焼いてきました。

その時からパンはお客様に好評で、今、私たちがピーターパンをするようになってからも、その味を守り続けるよう頑張っています。

母から習った基本のパンの他にも、フォカッチャなんかも焼いています☆



これは、最近焼いている「シチリア産ドライトマトのフォカッチャ」です。

pane9.jpg

ルーチョの故郷、イタリア シチリア島産のドライトマトを贅沢に使っています!

ドライトマトで、生地は少しオレンジ色をしています。


フォカッチャのレシピは、私が二十歳の時に修業した豊中のイタリアンレストラン「リストランテ チェレスティーナ」で教わったものです。

毎朝、厨房に入ったら私が一番にする仕事がパン捏ねでした(笑)。

フォカッチャ捏ねて、ピザ生地捏ねて、グリッシーニ伸ばして。。。

当時は、腕筋モリモリでした…。


このフォカッチャはオリーブオイルがたっぷり入っているので、とても柔らかくしっとりとしています。
そして、オーブンで焼く前に、表面にオリーブオイルを塗り、塩を少しかけています。
うちでは、シチリアのトラーパニ産の天日海塩を使用してます。
食べた時に、このザラッとするちょっとの塩が美味しいんです☆

このチェレスティーナで習った基本のフォカッチャ生地に、ドライトマトを入れたり、ローズマリーを入れたり、バジルペーストを入れたり、オリーブを入れたり…と中に入れる具や香草を変えるだけでいろーんなフォカッチャに変身します。

最近、ピーターパンのスタッフに自家製のパセリをたくさんいただいたので、パセリのフォカッチャをしようかな~。グリーンカラーのフォカッチャです。


ディナーの時にお出ししているパンは、毎日2~3種類。

この日は…

母から習った「胚芽パン」。

「シチリア産ドライトマトのフォカッチャ」。

シチリアのラグーサに伝わる、「シチリアのオリーブオイルと蜂蜜で起こした天然酵母パン」。

pane12.jpg


最近は、ルーチョの故郷、シチリアのラグーサ原産のオリーブオイルと、オレガノを混ぜたフォカッチャの表面に振っているものと同じトラーパニの海塩をテーブルに置いています。

olio4.jpg

オリーブオイルはお好みで各お料理にかけたり、パンに付けて召し上がっていただいています。

オリーブオイルには、ラグーサのセモリナパンにかけるのが特に一押しです☆


.06 2011 料理 comment0 trackback(-)
 HOME 

プロフィール

Arisuzza

Author:Arisuzza
1985年、大阪府豊中市出身。三姉妹の次女。
1995年、大阪から蒜山へ家族で移住。両親が蒜山ログの宿『ピーターパン』を始める。
高校ニ年生で、一年間、イタリアのシチリア島へホームステイをしながらの高校留学。滞在先のシチリアが大好きになる★
出身地である豊中のイタリアンレストラン、シチリアラグーサのレストランで料理修行。
2011年、シチリアで出会ったルーチョと結婚。
両親から『ピーターパン』を引継ぎ、私たち夫婦での経営スタート。
そして、めっちゃ元気な男の子、奏志郎ヴィートを出産。マンマになる。
毎日、ピーターパンの仕事と子育てで多忙ですが充実しています☆
趣味は、海外旅行、料理、食べること、パーティー、息子と遊ぶ。♬ღღღ(♡´∀`)

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索