FC2ブログ
2020 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2020 09

秋の食材を使用した料理続々登場♪

食欲の秋でなのでしょうか!? 最近自然と丸くなってきている私。。。

この時期しか手に入らない食材でちょこちょこと料理をして楽しんでいます♪


いちぢくの季節♡ 

ここ数年、この時期になると必ず作る【いちぢくジャム】。

今年初のいちぢくジャムは、シチリア産ピッツータと言う品種のアーモンド入り!

akimangia4.jpg

以前、イタリアのお土産にいただいた、いちぢくジャムにアーモンドが入っていて美味しかったので♡

いちぢくジャムのレシピは、ずっとルーチョパパのもの。
皮ごと使用し、ゴロッと果肉が残るように半分に切る。のが美味しいポイント☆

朝食でお出ししておりまーす!

期間限定!



【蒜山産秋茄子】を、シチリア産オリーブオイルで素揚げにしました。

akimangia2.jpg

これだけでもトロッと美味しいのですが、この茄子を使って【パルミジャーナ】と言う料理を作ります。

茄子→自家製ミニトマトソース→パルミジャーノチーズを何度か重ねて層にします。

そして、一番上に、溶き卵、パルミジャーノチーズをかけて、オーブンで焼くと出来上がり!

お客様にも大変好評いただいている前菜の一品です☆
写真が無くてすみません!


ピーーーーオーーーーネッ!!!

akimangia5.jpg

ピーターパンのスタッフはがちのおうちは、夏はミニトマト、秋はピオーネを作っている農園です。

はがちの農園のピオーネの美味しいこと美味しいこと!

プリッ!っとした大粒ピオーネはめっちゃ甘くて、食べ応えのあるピオーネなのです!

もうあと少し!そろそろしたら食べ頃だそうです。

上の写真のピオーネは、木に付き過ぎて、もったいないですが少し落とさないといけなかったものを、一足先にいただきました。
だから、まだ少し緑色ですが、これでも充分甘いです。酸味が少し強いですが。

このピオーネ、どうしよう!?と言うことで、少しは、ジャムに。

そして大半は、一粒一粒皮を剥き、シロップで少し煮、シチリアの甘いお酒「マルサーラ」にどっぷりと漬けています。

お酒のきいたピオーネ。大人な味なとっても美味しいドルチェが一品できました☆



今年も、道の駅の野菜売り場では、グリーントマトが並び中!

朝晩は、ぐんと寒くなった蒜山では、日中の太陽の力だけではトマトが真っ赤にならないそうです。

akimangia8.jpg

グリーントマトは、果肉がシャキッとした歯ごたえです。

グリーントマトフライを今年も作りました!
トマトを輪切りにし、衣を付けて、オリーブオイルでカリッと揚げます。

赤いトマトだと、柔らかくなりすぎ、水分も多くフライにするには難しいですが、緑のトマトは形がちゃんと残り歯ごたえも残っています。

そして、火が通って甘味が出たトマトと、ちょっとの酸味がめっちゃ美味しいんです!

akimangia7.jpg

最近、前菜の一品としてお出ししています☆

グリーントマトを使ったシチリア料理では、グリーントマトのジャムとグリーントマトのマリネなんかもあります。

こちらも美味しいのでこれから仕込もうと思います!
保存もきくしね!

ぜひ、お試し下さい☆



【鳥取産梨とトリプルチョコケーキ】

akimangia3.jpg

ピーターパンのある岡山県のあるすぐ隣、鳥取県の梨を使ったケーキを作りました!

鳥取の梨がたくさんお店にも並んでいます。
最近は梨の品種も多くて、食べ比べたりもおもしろいです。

イタリア留学時代のピエモンテのマンマが教えてくれたレシピなんですが…結構ざっくりレシピ。

材料「ビターチョコ1ブロック。」
1ブロックでどのくらい!?
100gもあれば、イタリアだと200gもあるし。悩む。

「卵2つを生クリーム、砂糖、オリーブオイルと混ぜ、卵を2つ混ぜる。」
シャバシャバな生地なので、卵を2回に分ける意味がない気がするので、この「卵2つ」って…計4つなんやろうか?書き間違いなんやろうか?悩む。悩んで3つに。

ざっくりレシピでざっくり作りましたが、焼きあがったケーキはちゃんと美味しくって笑えるわ。

適当に作るほど美味しいことってよくありますよね。

akimangia6.jpg

このケーキの名前「トリプルチョコ」と言うのは、生地に「溶かしたチョコ」と「荒刻みチョコ」が入っていて、生地の上に「モディカのゴロゴロチョコ」を乗せていて、その3種類のチョコでトリプルチョコと言います☆

これは、甘いデザートワインに浸して食べたいケーキです☆



akimangia.jpg

食欲の秋に、秋の食材を使ったシチリア料理を作ってロカンダ ピーターパンで、お待ちしております。


読んでいただきありがとうございます☆
【いいね!】お願いします☆↓
スポンサーサイト



.25 2013 料理 comment0 trackback(-)

シチリア名物料理【アランチーニ】作り。。。

おはようございます!

今朝からアランチーニの仕込みです!昨日もアランチーニの仕込みです。

「アランチーニ」ご存知でしょうか!?

アランチーニは、シチリアの料理で、わかりやすく言うと「お米のコロッケ」です。

シチリア人ルーチョに言わせると「お米のコロッケ」ではない!そうですが…。

この料理、本場シチリアではBARで買って、軽食として手軽に食べられるもので、まさに日本のコロッケやおにぎり的な感じの食べ物です。

ですが、とてもとっても手間隙かかったたお料理なのです。

中身の具を作ります。

今回は、ラグー(ミートソース)、牛肉のボッリート(柔らかく煮込んだ塊肉)、ゆで卵、グリーンピース、モッツァレラチーズ!

上の材料、モッツァレラ以外それぞれ手作りです☆

ラグーを煮て、時間をかけて柔らかく牛肉を煮て、ゆで卵を煮て、グリーンピースを煮て…。
これらは私の係りです!

まだまだ始まったばかり。

そして、牛肉を煮たスープで、リゾットを炊きます。
鍋から目を離せません!
これはルーチョの係りです!


最初に作った具を、リゾットの中心に入れ、丸めます。
ルーチョの係りです!

衣用のパン粉を作って、衣を付けて、油で揚げます!
ここはスタッフも含め2,3人での作業です。

それでやーーーーーーーっと出来上がり!!!



こんなに大変ですが…お客様が「これ!美味しかった!!!」と言って下さり、また、ルーチョは黙々とアランチーニ作りに励むのです。。。

今度はどんなアランチーニを作ろうか考えるのも楽しいみたい☆


ぜひ!ピーターパンへ食べにお越し下さいませ!

お待ちしております!

さ~!まだ牛肉入りアランチーニは未完成。頑張る!!!


ragu.jpg



.03 2013 料理 comment0 trackback(-)

蒜山の恵たっぷりメニュー!

ピーターパンの一年で一番忙しい時期も終わりに近付いています。

あっという間!

この夏もたーっくさんのお客様と再会、出会うことができました♪

ありがとうございます!


毎日準備などがバッタバタでブログも放ったらかしでした。

チェックして下さっているお客様、いつも同じ画面で申し訳ございませんでした。

まだバタバタが続き、ブログ更新もなかなかできないかと思いますが、時々見に来て下さいね!


さてさて、蒜山のお野菜が美味しい夏☆

野菜の種類も豊富で、他の季節では作れないお料理も作っています。


こちらは、夏の初めに滞在していた、ルーチョのお姉さんアンナに教えてもらったお料理です。

【フルーツトマトのリピエノ】

estatever1.jpg

中玉のトマトの中身をくり抜いて、くり抜いたトマト、アーモンド、アンチョビ、チーズ、パン粉、ニンニク、オレガノ、オリーブオイルを混ぜたものを、くり抜いたトマトに詰めて、オーブンで焼いた料理です。

前菜でお出ししております。


【ズッキーニのミントマリネ】

estatever8.jpg

ズッキーニを厚切りにし、オーブンで焼きます。
焼くと水分が飛んで、たくさんあったズッキーニも少量になってしまいます。。。

焼きあがったズッキーニに、ニンニク、ミント、ちょっとバルサミコ酢、たっぷりとオリーブオイルを入れマリネします。

少しのバルサミコ酢の酸味がズッキーニの甘味を引き立て、オリーブオイルでまろやかな味に。
ミントの風味がさっぱりと、いっくらでも食べられる一品です!



こちらは、ミニトマトオンリーのトマトソース!!!

ピーターパンスタッフの一人のはがちの実家はミニトマト農園。

毎日何キロ!って、トマトを持ってきてもらっています。

芳賀家の作るトマト、あーっまいんです。

美味しくって、真っ赤な色が食欲をそそり、一気に華やかになるミニトマト。

ピーターパンの夏の料理に多々登場です!


この季節にしかない旬のトマト。

時間を見つけては、せっせせっせとトマトソースを作ります。

estatever5.jpg

ピーターパンの自家製トマトソースは、

シチリア産オリーブオイル、ニンニク、人参、玉ねぎ、セロリ、バジルを炒めたところに、トマトをドサッと入れ、何時間もかけて水分を飛ばしトロトロに。

この日は10キロくらいのミニトマトをソースにしましたよ。

大鍋でコトコトコトコト。鍋底をこがさないように、時々かき混ぜます。

煮ているうちに、鍋肌にトマトソースがこびりついてきます。
これは、丁寧に時々こそげてソースの中へ。
これ、水分が飛んでできた、ドライトマトペーストのようなもの!
美味しさがぎゅーっと濃縮されているので、洗い流してしまうともったいないです。

estatever6.jpg

あんなに大量にあったトマトも、水分が飛ぶと半分に…。

estatever7.jpg

トロッとなったら、漉し機で粗漉しして、塩で味を整えて、やーっとできあがり!!!

芳賀家が、ゼロから育てたトマト。さらに一粒一粒収獲。10kg収獲するだけでも大仕事。

そして、トマトソースに。出来上がりは少量ですが…、これはこれは美味しい美味しいトマトソースが出来上がるのです!

estatever3.jpg

トマトの缶詰めとは比べ物にならない濃厚さ。旨み。甘さ。

このトマトソースだけのスパゲッティ。
一見めっちゃシンプル。だけど、この美味しさにはビックリです。

次の夏までお預けになってしまうので、トマトがなくなるまで、せっせせっせとストック分を作らなければ~!



最後、こちらのお料理は、茄子がメインのお料理です!

【厚切り茄子とサウスィッツァ(自家製シチリア風ソーセージ)の重ねオーブン焼き】

estatever4.jpg

山田農園さんの無農薬米茄子を使用しています。

去年、ヴィートの保育園で知り合い、旬の野菜を配達していただいています。

茄子が美味しいので、たっぷり使ってメインでお出ししています。

大好評です☆

茄子には油が良く合いますね。

茄子はシチリアのオリーブオイルで揚げきにします。

その厚切り茄子の上に、フレッシュトマト、バジル、ラグーサーノチーズ又はリコッターロさんのリコッタチーズ、自家製のシチリアラグーサ風のサウスィッツァ、そして厚切り茄子を重ね、仕上げに先ほど書いたはがちのミニトマトソースをかけ、オーブンで焼き上げます。

コントルノ(付け合わせ)は、私のおばあちゃんが育てたジャガイモのオーブン焼と、山田農園さんのいんげんのオリーブオイル煮。


重ねている食材、一つ一つ、付け合せも、どれもこだわりたっぷりで、美味しいもの。

作っている自分が「この組み合わせで美味しくないはずがない!」と思っています(笑)

お客様に「美味しかった!」と言ってもらえるとすっごく嬉しい!

ミニトマトのはがちや、茄子の山田さんにまで報告したくなります(笑)


秋も美味しい野菜がたくさんの蒜山です。

旬の野菜を使って、秋は秋でまた美味しいお料理作ります!

ぜひ、蒜山ロカンダ 【ピーターパン】へお越し下さい。



読んでいただきありがとうございます☆
【いいね!】お願いします☆↓
.20 2013 料理 comment0 trackback(-)

手料理たち☆

最近、お料理のブログをアップしていないな。

ピーターパンのFacebookページ【Locanda Peterpan - 蒜山ロカンダ ピーターパン】があるのですが、お料理の方はそちらで随時アップすることが多くなりました。

もし、Facebookをされている方は、ぜひピーターパンのページをご覧下さい☆

日々の簡単なことなどはそちらにアップしています☆


今日の写真は、Facebookページで最近載せていた手料理です。


【自家製プロシュット】
めっちゃ簡単に、着色料や変な繋ぎなどが入っていない自家製ハムができます!し~っとり!!!

mangia11.jpg

豚の肩ロースを塩&スパイス漬けにして、約5日間寝かせる。
5日後、それをジップロックに入れて、お湯をはった炊飯器に入れる。保温にしておけば、数時間後できあがっています!

mangia12.jpg


【アランチーノの中は!】
サフランライスで牛スジ肉のボッリート(煮込み)とモッツァレッラを包んでます。とろっとろ~。なるべくお米を少なく具を多くしたいのですが…まだ研究中!

mangia10.jpg


【野菜のミネーストラ】。
にんにく、人参、セロリ、玉ねぎ、カブ、ジャガイモ、ホーレンソウを骨付き鶏肉と一緒に煮込でいます。
鶏は取り出して、サラサラにしすぎない程度にミキサーにかけます。仕上げにEXVオリーブオイル、ペペロンチーノ、パルミジャーノ。優しい味でたくさん飲めます。

mangia8.jpg


【ベッカフィーコ】イワシで、パン粉ベースの具を巻き、オーブンで焼いたシチリアの代表料理です。その具というのは、パン粉、干しぶどう、にんにく、ケイパー、松の実、レモンの汁と皮、パセリ、アンチョビ。

mangia2.jpg


食感も、味も、香りもおもしろいです☆サクサク、ジューシー、甘くて、香ばしくて、レモンの香りが広がります☆シチリア~!

mangia1.jpg


【スプレムータ ディ アランチャロッサ】
愛媛からブラッドオレンジが届きました!早速スプレムータに。
ブラッドオレンジの時期が終わるまでの限定で、生絞りタロッコオレンジジュースがドリンクメニューに加わります☆

mangia7.jpg


【アランチャ カンディータ】
先日いただいた香川のオレンジで作ってみました!
色んなレシピがあるようですが、これ簡単でした。
薄ーく輪切りにして、一回煮こぼして、水気を切って、ザラメと蜂蜜で煮て、乾燥させる。
一回煮こぼすだけでいいのが楽ちんで、苦すぎず、ちょうど良い苦味で美味しい☆それに、ステンドグラスみたいできれい♪

mangia9.jpg

せっせせっせとオレンジピール作り。ブラッドオレンジの皮も捨てずに全てこうすると、料理にお菓子に大活躍!この時期を逃すと作れないので。

mangia4.jpg

今回は、白い部分が入っていない、ほんとに表面の皮のみのオレンジピールにして、ブラウンシュガーで和えてます。

mangia3.jpg


ブラッドオレンジピールをたくさん作ったので、たっぷり入れたケーキを作りました!ピスタチオ、自家製オレンジピール、ホワイトチョコがた~っぷり入ったパウンドケーキ♡
見た目よりも、食感も味も複雑☆お酒も効かせています☆

mangia6.jpg


具(?)がゴロッゴロ!
中のホワイトチョコはしっとり。端のホワイトチョコは焼きチョコのようになっていてカリッと香ばしいのが美味しい♪オレンジピールもいい香り♪

mangia5.jpg


食べに来て下さいね♪


.11 2013 料理 comment0 trackback(-)

もう一口欲しくなる。。。

少し前にブログでご紹介したチョコケーキ。

塩入りモディカチョコを生地に混ぜ込み作業中。

siotyoko6.jpg

ピーターパンの料理に使用している塩は、シチリア産のトラーパニと言う町のお塩で、今でも昔ながらの製法で作られている自然海塩です。

そのお塩を使ったケーキです。

チョコ生地ケーキの中に、チョコキューブを入れて焼いたケーキなのですが、キューブに塩ほんの少し入れています。

そして、キューブのチョコには、シチリアのモディカチョコです!

試作で製菓用クーベルチュールチョコを使ってみましたが、モディカチョコを使った方が、断然食感がおもしろくなりました♪

モディカチョコは、原材料はカカオマスと砂糖のみ!
普通のチョコレートみたいにバターや植物油脂などが入っていません。
一番古いチョコレートのレシピのチョコなんですよ~!
歴史もおもしろいモディカチョコ☆


塩入りモディカチョコケーキに、鳥取産の梨、そしてリコッターロさんの手作りリコッタチーズのムースを乗せたドルチェです♪

siotyoko5.jpg

全部合わさるとこれまた美味しい☆

食感もお楽しみに~☆



いつも読んでいただきありがとうございます。
下の「いいね!」ボタンのクリックお願いします♪
.15 2012 料理 comment0 trackback(-)
 HOME 

プロフィール

Arisuzza

Author:Arisuzza
1985年、大阪府豊中市出身。三姉妹の次女。
1995年、大阪から蒜山へ家族で移住。両親が蒜山ログの宿『ピーターパン』を始める。
高校ニ年生で、一年間、イタリアのシチリア島へホームステイをしながらの高校留学。滞在先のシチリアが大好きになる★
出身地である豊中のイタリアンレストラン、シチリアラグーサのレストランで料理修行。
2011年、シチリアで出会ったルーチョと結婚。
両親から『ピーターパン』を引継ぎ、私たち夫婦での経営スタート。
そして、めっちゃ元気な男の子、奏志郎ヴィートを出産。マンマになる。
毎日、ピーターパンの仕事と子育てで多忙ですが充実しています☆
趣味は、海外旅行、料理、食べること、パーティー、息子と遊ぶ。♬ღღღ(♡´∀`)

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索