FC2ブログ
2020 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2020 09

忘れられない青…

ファヴィニャーナ島へ来たら絶対にしてほしいのがこれ!!!

fa9.jpg


小さな船で洞窟巡りツアー☆

fa8.jpg


四人乗れるかな?と言うくらいの小さいボートを出してツアーに連れて行ってくれたおじいさん☆

島の港に行き、ツアーに行きたい。と言えば、すぐガイドさんが見つかりますよ☆

料金は確か二人で50ユーロでした。かな?

廻る洞窟の数や時間にもよりますが。

fa7.jpg

出発してからずっと「マンマミーア!」の連発!

信じられないくらい海が青いんです!トルコブルー☆

fa17.jpg


いっぱいこんな鳥にも出会えます☆

fa12.jpg


10分くらい景色やおじいさんの話を楽しんでいると、洞窟へ到着!

fa11.jpg

カプリ島の青の洞窟は、天候などによって、入れるとき入れないときがあるのは有名ですね。
入れるときは、みんな船で寝そべった状態でなるべく低くなりベストタイミングで入るみたいですね。

この洞窟も同じく、座高をなるべく低くして入ります!

fa10.jpg


入ると中はこんなん~!!!

fa13.jpg


何度撮っても船のモーターの振動でブレてブレて…一枚もはっきりした写真が撮れなかったですが、きれいなのはわかりますよね!?

この青!

fa15.jpg


神秘的やわ~!

fa14.jpg

なんと、ここで泳いでもいいんです!

もちろんもちろん!潜りました!泳ぎました!

だって、この時、2回目のファヴィニャーナ島訪問だったのですが、1回目にこの青い中で泳がなかったことにずっと後悔して…それで絶対また来よう!とずっと思ってたのでした。。。

かなり水温が冷たくって、深かったです。

でも、潜ってもめっちゃ青でおもしろかった!!!


他にもあと2ヵ所やったかな?洞窟があって、それぞれエメラルドグリーンやったり、パープルのところもあった!不思議でしょうがなかった!

カプリの青の洞窟は私は行ったことないのですが、結構行ける確率も低く、お金もかかるみたいで、時間もちょっととよく聞きます。
有名ではないけれど、ファヴィニャーナ島の洞窟ツアーはもしかしたらもっといいかも!思い切り満喫できます☆
ほんとおすすめ!!!







スポンサーサイト



.13 2012 シチリア旅行2010 comment0 trackback(-)

イタリアの業務用スーパー!

入って思わずギョッとするほど大きな業務用スーパーに行ってきました!(2010年6月にイタリア滞在のとき。)

おぉー!自分が小さくなった気分になります。

店内が広いだけではなく、並んでる商品も業務用サイズやからね!


みーーーんなの大好きなヌテッラもこの通り☆

なんと!『5KG瓶!』

ingrosso7.jpg

人の顔よりもだいぶ大きい入れ物に入っています。

『ヌテッラの5kg瓶』って言うだけで、つい買いたくなりましたが、送料もバカにならへんし5kgも消費できる気がしなかったので、ふつうサイズのヌテッラをお土産用に買いました。。。


このスーパー、このヌテッラの様にバカでかサイズの商品が豊富で面白いです☆


ズラーーーーーーーーーーッとお酒のコーナー。

ingrosso1.jpg

お酒のコーナーはめちゃくちゃ広いです。

日本でもよく見るお馴染みのものから、珍しいものまで。

ingrosso2.jpg

「あ!ニホンシュ!」

ingrosso3.jpg

このお酒コーナーの中でも結構高価なものでした。


シチリアのパッシートやモスカートもたくさん。マルヴァシアってものを発見。初めて見た。。。何?

ingrosso4.jpg

この3つの味比べをするために、一本づつお買い上げ☆


食品以外にも、イタリアを代表する「Moretti(モレッティ)」とかのビールやワインのメーカーの出している、タオルとかエプロンとかお盆とか、中にはリュックサックとかまであります。

あとはカラフルな使い捨て食器とかのパーティーグッズなんかも。



カートももちろんビッグサイズ!

ingrosso5.jpg

大きすぎて、重くて、何にも乗せてなくても操縦しにくいカート。

商品を買い物カゴに入れていくのではなく、ぽんぽんカートへ乗っけていきます。

結局、超ビッグサイズのものばかりで、日本に送る送料と消費できるかと考えると、今回はふつーサイズのものを少しだけお買い上げ。

でも見てるだけても楽しかった♪

なぜかレシートの大きさまでビッグサイズでした。。。

.18 2010 シチリア旅行2010 comment0 trackback(-)

ブーファラづくし!!!

シチリア滞在中のある夜、ルーチョが「いいとこ連れて行ってあげる~どこでしょう??」と。。。

車をちょっと走らせて到着したとこは、周りになんにもない田舎。

車を降りると「おいで!」と言うので、行くと…


牛がおる!

しかも黒い牛!

bufala3.jpg

黒くて長い角が生えてるん牛なんで、「えー!?何この牛!?」って私がちょっとびびってると、

ルーチョその黒い牛に藁やり出したやん!

bufala1.jpg

え!?さっき言ってたいいとこってここ!?!?

それもこんな暗くなりかけてる夜9時頃に牛!?


この牛、小柄でかわいい蒜山のジャージー牛とは違い、威圧感と貫禄のある牛。。。

「ブーファラ!?!?」と聞くと、正解でした☆

「ブーファラ」は、「水牛」です!

bufala2.jpg

でも、ちょっと見てたらちょっとだけかわいく思えてきたかな!?


で、ルーチョの言っていた「いいとこ」とはここにあるレストランでした~☆

ルーチョ、知らん間にバッチリ予約しててくれたみたいです。


ここは、自分達で育てた水牛の乳を使った自家製のチーズやお肉、自家製のワインを出すアグリツーリズモと言うところです。

ここでは水牛ですが、水牛に限らず、粉、果物、野菜、ワインの葡萄など…全て一から育てたものを使ったお料理を提供するところがアグリツーリズモです。レストランもあれば、宿泊可能なところもあります。

このアグリツーリズモのいうもの、イタリア全土にたっくさんあります☆

イタリア旅行の際には要チェック!


このアグリツーリズモで、ブーファラのコース料理をいただきました~!

ここの赤ワインで乾杯して、

前菜で出てきたのは、チェリートマトのサラダ、オリーブ。

bufala5.jpg


プロシュット クルード。生ハム。

bufala6.jpg


パン。水牛のセミハードチーズ☆

bufala4.jpg

「ぜーーーーーーーんぶおかわり自由だよ!」とルーチョ。

「ほんま!?すごいな!」と嬉しかったけど…

最初に出てくる量が半端ない!

おかわりどころか、こんな食べられへんし!というくらい多いのでイタリアの「おかわり自由」はどーでもいいです。。。


このモッツァレッラ!!!

bufala7.jpg

出てきたときには、笑えたよ!

この大きさで、ゴロッとまんま出てくるから!


モッツァレッラ ディ ブーファラ~!!!水牛のモッツァレラ~!!!

bufala8.jpg

モッツァレラチーズは本来は水牛の乳から作られていましたが、水牛は普通の牛と比べて飼育が難しく、出る乳の量も少ないので、牛乳から作られるモッツァレラもたくさん出回っています。

値段も、水牛のモッツァレラの方がだいぶ高いです。

そんな、貴重な水牛のモッツァレラをこんなに、それも欲しければおかわりもできるというなんと贅沢な☆

ミルキーで美味しかったのですが…ちょっと想像してたんと食感が違う。。。

これは、本場ナポリへ一度は食べに行ってみないと!!!


もうこの丸々モッツァレラを食べ終わった後は、お腹ぱんっぱん!

それでも、ここはイタリア。容赦なく次が。。。品数と言うより、量が日本の2倍以上。。。

水牛のモッツァレラのピッツァマルゲリータ☆
     と
水牛のモッツァレラフライ☆

bufala9.jpg

そして、水牛のステーキ☆
      と
水牛のスネ肉のトマト煮込み☆

bufala10.jpg

「水牛食べんの初めて!!!」それこそ貴重☆

おいしかったけど、もうちょい焼き加減が手前ならな。。。

スネ肉は柔らかくてブォーノ!


デザートは、今年一番に食べるスイカ。

bufala11.jpg

うん。見た目の通り、ほとんど味がないけど、喉には美味しい。


水牛のリコッタチーズのカンノーリ☆

bufala12.jpg

「カンノーリ」はシチリアのお菓子の代表格とも言えるお菓子です!

筒型の生地を油で揚げたものに、甘いリコッタチーズを筒の空洞へ入れたお菓子です☆

外は黒糖のじゃないかりんとうみたいな感じのもので、カリッとしていて、中のリコッタはクリーミーで甘いクリーム。

この食感のせいか、想像以上にパクッと食べれてしまいます。

シチリア旅行の際は、「カンノーリ」も要チェック!


あ~苦しいけど満足♪

アグリツーリズモっぽいシンプルさもなんかよかったな~☆

レストラン内にBGMが一切流れてなかったのとか。

ここまで飾り付けしないで出てくる料理とか。。。


.11 2010 シチリア旅行2010 comment2 trackback(-)

☆2010 FIFAワールドカップ☆

FIFAワールドカップ!イタリアのBARで観戦しましたよ~!

ラグーサ・イブラのBAR「MANAKI」にて☆

calcio9.jpg

このBAR、友達のBARなので、ここへ行くと知り合いや友達がよく集まっています。


7月24日「イタリアvsスロバキア」戦。

calcio7.jpg

めーーーーーーーーっちゃ真剣!!!

calcio8.jpg

決勝トーナメント行けるかどうかの試合。

calcio5.jpg

試合もおもしろいですが、私には彼らを見てる方がよっぽどおもしろい。

calcio6.jpg

イタリア人のサッカーの好きなこと好きなこと。

イタリア人のサッカー観戦の時の声の大きいこと大きいこと。

イタリア人のサッカー観戦の時の感情表現の激しいこと激しいこと。

普段でもすごいのに…。


残念!!!

イタリア負けちゃったー!!!

信じられへん。前回優勝国のイタリアが、決勝トーナメント進出ならず。。。

んーーーーーー残念!


続いてこちらは、同日7月24日「日本vsデンマーク」戦。

calcio4.jpg

日本、いけいけ!のポーズ!?

ラグーサ在住の日本人かよさんと一緒に観戦☆

ピッポを含むラグーサのおじさんたちと日本語大学生の男の子も一緒に観戦☆

calcio3.jpg

ただいま、デンマーク(0-2)日本で日本勝ってます!

シャッタータイミング悪っ!

calcio2.jpg

2年前、日本、そして蒜山までやってきたピッポ。

ピッポは国関係なく、全試合をこのBARに観戦しに来ている…。

calcio1.jpg

ゲーム結果は、デンマーク(1-3)日本で、日本の勝ち~っ!!!ジャッポー-ーーーーネ!!!

おめでとーーーーーーーーーっ!岡田ジャパン!


こんな感じでイタリアでサッカー観戦をしました☆

この試合後、日本すごいね!さすがサムライの国!サムライやった!」とか「日本いいゲームしてるよ!イタリアさっぱり。あのプレイはちょうちょかよって!」とか「ホンダホンダー」とか「ぼくらは負けたから、もう日本を応援するしかないな」とかってイタリア人言っておりました。。。


日本ではどんなかんじだったのでしょうか!?!?


.05 2010 シチリア旅行2010 comment0 trackback(-)

シチリアのお昼ご飯

日本を出発して、イタリア ラグーサに着いたのは夜でした。

翌日のお昼ご飯です☆

ルーチョの家族と一緒に食べました☆


「シチリア産ドライチェリートマト」と「シチリアのゴマパン」と「サラダ」。

pranz4.jpg


イタリアの家庭の食卓では、お料理は大皿に盛って、各自で必要な分を取って食べることが多いです。

pranz2.jpg

イタリアのサラダは、ドレッシングをかけるのではなく、酢(バルサミコやワインビネガー)+塩+オリーブオイルを、それぞれ自分の好みの割合をかけて食べます。


これは、ルーチョとルーチョのマンマが口を揃えて「アリーサ、甘くて美味しいドライトマトを見つけたんだよ!」って絶賛のドライチェリートマト。
に、玉ねぎ、ケイパー、ミント、ワインビネガー、オリーブオイルと一緒に混ぜたもの☆

一晩以上置いたほうが、ドライトマトもしんなりなり、全体の味が馴染むのでおいしいです。

pranz1.jpg


「牛肉のパン粉ロール焼き カターニア風」

pranz3.jpg

ミント、バジル、にんにく、チーズの入れたパン粉を、薄切り牛肉全体にまぶし、クルクルっとロールして、焼いたお料理。

美味しい♪

パンとサラダとドライトマトとお肉の組み合わせ最高☆

止まらない止まらない…。


.03 2010 シチリア旅行2010 comment0 trackback(-)
 HOME 

プロフィール

Arisuzza

Author:Arisuzza
1985年、大阪府豊中市出身。三姉妹の次女。
1995年、大阪から蒜山へ家族で移住。両親が蒜山ログの宿『ピーターパン』を始める。
高校ニ年生で、一年間、イタリアのシチリア島へホームステイをしながらの高校留学。滞在先のシチリアが大好きになる★
出身地である豊中のイタリアンレストラン、シチリアラグーサのレストランで料理修行。
2011年、シチリアで出会ったルーチョと結婚。
両親から『ピーターパン』を引継ぎ、私たち夫婦での経営スタート。
そして、めっちゃ元気な男の子、奏志郎ヴィートを出産。マンマになる。
毎日、ピーターパンの仕事と子育てで多忙ですが充実しています☆
趣味は、海外旅行、料理、食べること、パーティー、息子と遊ぶ。♬ღღღ(♡´∀`)

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索